日々ラム酒通信
2010/3/31 【募金のお願い】第2回ハイチ地震救援金のお知らせ詳しくはこちら (募金箱設置店一覧設置募集要項) 
日本ラム協会ではハイチ地震救援金活動を行っています。現在までの活動内容はこちら) 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

vol.34 PERE LABAT BLANC

PERE LABAT BLANC

PERE LABAT BLANC
ペール ラバ ブラン
フランス海外県マリーガラント島 / ポワソン蒸留所 / 
59% / 1000ml

DRY1
w3

1769年製糖工場として創業。1860年にカテリーヌポワソンが引き継ぎポワソン蒸留所となり、
ラムの製法を伝えた「ペールラバ」という16世紀に実在した修道僧の名前からブランド名を取った。
砂糖きびのジュースをそのまま発酵、蒸留し、ステンレスタンクに入れ加水調整後、1~2ヶ月間、オークの大樽に移してから瓶詰めされる。
2008年3月、銀行家のジャン・C・ブロットが蒸留所を買収し、2009年から現地では、黒いラベルの新生ペール・ラバがリリースされている。

+++++++++++++++++++++++++++++

タフィア
 他のものを全て打ち消すほどに濃厚なサトウキビの香り。
 59度というアルコールに酸味、甘み、苦味などの要素が
 ピタリと合っている。
 味に香りがある、と思わせる極上の一本。
 ブランが苦手、高アルコールが苦手、という方も
 引きずりこまれてしまう魔力がある。

kojiqymmt
 香りは潮気を帯びていて甘く、ミネラルや鉄分を
 含んだ様な特有の風味がある。
 まろやかで舌を包み込むような甘さとピシッとキレの効いた
 アルコールとのコントラストが小気味よく、飲み飽きない。
 後味はスッキリだがヒリヒリと胸を焼く感触が残り、
 夏の終わりの様にどこか感傷的にさせる。
 
ハバネコっ!
 「絶対に好きなラムがある」というならば、
 コレが私の唯一無二な存在。
 59度・・・しかし、ゆっくりと体に滲みこむ感覚!
 完全なるバランスの成せる技、自信を
 裏付けするかのようなシンプルなラベル。
 自分もペールラバのような存在になりたい!
 師に値する一本です。

>>>各テイスターのプロフィールはこちら

>>> ペール ラバ ブラン 飲める店
SCREW DRIVER / Bar Lamp / KingRum / BAR Julep / Tafia

ブログランキングに参加しています!
 ← 応援の一押しをぜひ!
拍手する

コメント

黒ラベルの物も、現状は同じ味わいに思えます。
来シーズン以降、どう変わっていくのか・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rumjapan.blog34.fc2.com/tb.php/62-ba4d8cec

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

「日々ラム酒通信」編集部

「日々ラム酒通信」編集部

ラム酒好きのためのラム酒好きによるラム酒情報満載ブログ。
ラム通信を読んで、アナタもラム通に♪

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。