日々ラム酒通信
2010/3/31 【募金のお願い】第2回ハイチ地震救援金のお知らせ詳しくはこちら (募金箱設置店一覧設置募集要項) 
日本ラム協会ではハイチ地震救援金活動を行っています。現在までの活動内容はこちら) 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

vol.84 SAINT JAMES IMPERIAL BLANC

SAINT JAMES IMPERIAL BLANC

RHUM JM BLANC
セント ジェームス インペリアルブラン
フランス海外県マルティニーク島 / セントジェームス蒸留所 / 
40% / 700ml

DRY3
w1

+++++++++++++++++++++++++++++
お馴染みのセントジェームスも、8つのボトルでラムフェスタ2010に登場します!
セミナーでは、新商品、CUVEE D’EXCELLENCEが試飲可能!!
私もボトルは拝見したものの、指をくわえて見ているだけです。
どんな美味しさなんだろう・・・楽しみですね!!

もちろん、今回ご紹介するブランも、マルティニーク最多の流通量を誇るメジャーブランドです。ティポンシュにすると、ほんのり甘く軽い口当たりで、ついつい飲みすぎてしまう。ラムフェスタでは飲みすぎないように、注意が必要ですww
(編集部)
+++++++++++++++++++++++++++++

マルティニーク島の中部からやや北東の町サン・マリーにある巨大な蒸留所である。
元々は、1685年、サン・ピエール近くのフォン・サン・ドニにできたアビタシオンが起源。
現在は、フランスの大手酒造メーカー・バーディネー&マルティニケーズ社の傘下となっており、現在アグリコールラムのみを製造。
蒸留所内には、ミュゼ(博物館)やクレオール料理のレストランが併設されている。

セントジェームスでは6本の柱状蒸留機をかかえ、多くの銘柄を作り分けている。
島内ですでに閉鎖された蒸留所のブランド、J・バリー、G・アーディー、マニーバなどを作っているが、あくまで第一ブランドは、このセント・ジェームスとJ・バリーで、その他はスーパーなどに流出される第2ブランドとして存在する。
このブランは、最低3ヶ月間貯蔵し加水調整されボトリングされる。

+++++++++++++++++++++++++++++

えび
 アグリコールラムとしては比較的穏やかな香り。優しい香り
 の中にハーブやパイナップルなどの爽やかさを感じる。
 味わいは際立った主張は無いが、甘みや酸味などの
 バランスが良く、カクテルへの汎用性が高い。
 口に含んだ瞬間、なぜかくず餅を思い出しました。

Bashi
 香りは若々しい草花のよう。
 味わいは、日本酒の様にスムーズに入り、そのまま消えて
 行く感じ。洋梨の様なほんのりフルーティーさも感じます。
 食事などに合わせても邪魔しないで飲める、
 オールマイティーなタイプです。

ネグリタ
 マルティニークのブランには珍しく、40度と度数が低い。
 低いだけあって、丸い。
 舌にほんのりスパイスを感じるものの、全体的にやわらかい。
 ロックにすると甘さが際立って、私にはこちらの飲み方の
 ほうが好み。フルーツリキュールを垂らしてみても良いかも。

>>>各テイスターのプロフィールはこちら

>>> セントジェームス インペリアルブラン を 飲める店
SCREW DRIVER / Bar Lamp / KingRum / BAR Julep / Tafia

ブログランキングに参加しています!
 ← 応援の一押しをぜひ!
拍手する

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rumjapan.blog34.fc2.com/tb.php/121-b4b3fccb

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

「日々ラム酒通信」編集部

「日々ラム酒通信」編集部

ラム酒好きのためのラム酒好きによるラム酒情報満載ブログ。
ラム通信を読んで、アナタもラム通に♪

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。