日々ラム酒通信
2010/3/31 【募金のお願い】第2回ハイチ地震救援金のお知らせ詳しくはこちら (募金箱設置店一覧設置募集要項) 
日本ラム協会ではハイチ地震救援金活動を行っています。現在までの活動内容はこちら) 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

vol.16 LA MAUNY BLANC

LA MAUNY BLANC

LA MAUNY BLANC
ラ モニー ブラン
フランス海外県マルティニーク島 / 55% / 1000ml

DRY3
w1

島の南部リヴィエール・ピロットにある「ブルディヨン・グループ」の蒸留所。
1749年頃、ノルマンディーから辿り着いたラ・モニー伯爵、ジョセフ・フェルディナン・プーラン」が砂糖アビタシオンを設立した。
1890年頃には蒸留所は近代化し、1920年にベロニーという兄弟がこの蒸留所を買収し「ラ・モニー」をマルティニークに広めた。
1969年にこの兄弟が死去すると、残ったベロニー家の人々はブルディヨン家と提携。
両家の提携は生産を更に伸ばし、島内トップの売上となる。
81年には蒸留所を立て直し、3本の蒸留塔を設置。
現在ではデュケーヌとトロワ・リヴィエールも加わり、蒸留塔は全部で5本となっている。
このブランは蒸留後3~6ヶ月、ステンレスタンクで保存してからボトリングされる。

+++++++++++++++++++++++++++++
可愛らしい女性が微笑むラベルに、ついつい、オーダーしてしまう。
「坊やだからさ・・・」の台詞とともに、赤い彗星シャア・アズナブル愛飲
ラム酒としても、話題です。(度数は定かではありませんが・・・。)
それも南米ベネズエラはカラカスのバーでラム酒をオーダーするシャア。
ラム酒ファンならずとも、見逃せない1本!
+++++++++++++++++++++++++++++

Hiro
 オレンジの皮やグレープフルーツなどの柑橘系の香り。
 口に含むと力強さの中にハチミツや砂糖を軽く煮詰めたような甘さが
 広がる。
 漂う夏みかんやピーチのようなトロピカル風味に気分は南国!
 ラムブラン独特の青々しさが余韻に残り尾を引く感じが好き。

ショーゴ
 白桃や洋ナシなどフルーティーで華やかな香り。
 口当たりはソフトだが力強い。
 全体的にべたつかずさらっとしているが余韻は長く楽しめる。

Takael
 グラスから立ち上る蒼い草原の香りが、鼻をつく。
 サトウキビ畑を歩いたら、こんな感じだろうか。
 軽いアルコールの刺激とともに、舌に広がるほのかな甘さ。
 飲むほどに、レモンの果皮のような爽やかな苦みが舌を縛り、
 忘れられなくなるホワイトラム。

>>>各テイスターのプロフィールはこちら

>>>ラ モニー ブランが飲める店
SCREW DRIVER / Bar Lamp / KingRum / BAR Julep / Tafia

ブログランキングに参加しています!
 ← 応援の一押しをぜひ! 拍手する

コメント

ご機嫌状態でいただくと、にっこり笑って、トドメをさしてくれます。
ちなみに、5巻の97ページらしいです。
が、ヴューなのでは??(よく、知りませんが)

グロッギーさま。
コメントありがとうございます。
あの笑顔に騙されちゃいますよね(笑)

そう、5巻の97ページ。でもやっぱり彼女が微笑んでいた記憶が。。。うーん。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rumjapan.blog34.fc2.com/tb.php/42-9967b144

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

「日々ラム酒通信」編集部

「日々ラム酒通信」編集部

ラム酒好きのためのラム酒好きによるラム酒情報満載ブログ。
ラム通信を読んで、アナタもラム通に♪

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。